年収700万で住宅ローンを組もうと思っています

30歳の夫の年収は700万あります。私は妻で28歳現在無職です。子供が一人います。3600万円のマンションを購入したいと思っています。結婚3年目で貯金は400万円あります。その内100万円は急いで貯めたものです。子供はもう一人欲しいと思っています。この貯蓄額はやはり少ないでしょうか?そして、およそ3300万円で住宅ローンを組もうと思っていますが、それはやはり無謀でしょうか?

今の年収に慣れているなら、ちょっと無謀かもしれないわ

最近は低金利だから、住宅ローンは年収の6倍以下が適正だと言われているわね。だから、30歳で年収700万円は立派だわね。だから現在の年収でも十分対応できるとは思うけれどね。

ただ、ギリギリなのは事実ね。もし現状で購入に踏み切った場合には、それ相応の我慢大会になってしまうわね。それに、いくら現状の年収が良くても、1年後どうなっているかは分からないからねえ。

今の物件を気に入っているようだけども、決してラストワンとはならないと思うわ。人生を左右するような買い物をするのだから、月々幾らなら払えるというような展望だけじゃなく、もっと長いスパンで考えて、後悔しないようにしてね。

もし私があなたの立場だったらどうするかって?あと5年はお金を貯めて、頭金を1000万くらいにしてから、家を探して無理のないローンを組んで買うと思うわ。マンションを購入はしないわね。

年収700万円の人が5,000万円の住宅ローンを組む

年収700万円の人が住宅ローンによって5,000万円くらいの資金を調達することはできるのでしょうか。これは、状況によって異なっていて、できないことはありませんが、必ずできるというわけでもありません。他の状況次第だと言えるでしょう。年齢や家族構成などがどうなっているのかによって変わってきますが、5,000万円を借りると返済が苦しくなる可能性は低くないでしょう。

住宅ローンで借りることのできる金額は、年収の7倍が上限と言われることが多いです。7倍すると4,900万円となりますから、上限は超えていると考えておかなければなりません。上限は7割ですが、普通はどれくらいかというと、5倍くらいと言われることが多いです。5倍であれば3,500万円くらいですから、まあ、3,000万円から4,000万円くらいと言うのが妥当なラインでしょう。

ただし、申し込みをする年齢によっても異なります。30才の人と40才の人とを比較すれば、当たり前のことですが30才の人のほうが借りやすいと言えるでしょう。返済できる期間が長いのですから、若ければ和会報が借りやすいという傾向はあるのです。

少し前までは、売買価格の7割から8割くらいまでしか融資をしてくれない金融機関が多かったのですが、最近ではそうではなくて全額を融資してくれることが多いです。つまり、頭金なしで借りることができるのです。ですから、多くの金額を借りることができないわけではありません。ただし、たくさん借りればそれだけ返済が厳しくなると言う点にも注意しておきましょう。

もしも返済ができなくなったときには、買った住宅を売却して返済に充てるしかないのですが、借り入れている金額が大きすぎると売却してもローンが残ることもあります。その様なリスクを考えれば、やはり頭金として2割から3割くらいは用意しておくべきでしょう。無理をしてローンを組むよりも、少し待ってから頭金を貯め、余裕のあるローンを組むほうが良いのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンの在籍確認なしって本当?超オススメ会社はココ! All Rights Reserved.