銀行のカードローンで審査が甘いと言われるところは?

銀行系のカードローンでお金を借りようと思っています。審査が厳しいと言われている銀行系のカードローンですが、それは消費者金融なんかと比べてだという事を、どこかで読みました。それならば、審査が甘いといわれる銀行もあるはずです。そのような金融機関について教えて下さい。

銀行が、ローンも使ってほしいとうたっているの

銀行系のカードローンは銀行がローンを広く利用してほしいという事から、銀行が始めたサービスの一つよ。だから確かに銀行系カードローンは、他の銀行のローン、例えば住宅ローンなんかより、収入や勤務実績を厳しく見るようなことはないから、ある程度気軽にお金を借りることが出来ると言っていいわね。

大抵の銀行では、その銀行に預金口座を開設しているかどうかが第一条件とされるわ。まあ、東京スター銀行なんかの一部の銀行についてはその条件に当てはまっていないそうだけど。

あと、融資限度額は、各銀行ごとに異なるけれど、多い所でも500万円が限度額だと思うわ。2010年に施行された総量規制で消費者金融などの貸金業者と言われる人たちは、その人の年収1/3を超える金額については融資が禁じられたけれど、銀行はその規制の対象外になっているからね。その年収に対する規制がない融資を受けることが出来るわよ。

まずは、審査に通ることが第一だけども、銀行のカードローンを利用することをお勧めするわ。

実際は銀行ってカードローンの審査が甘いのは本当?

銀行というのはカードローンの審査が厳しい傾向にあると思っている人は非常に多いと思いますが、これは絶対にそうだとは言い切れないところがあります。

まず、限度額で大きな金額を借りる場合は銀行ならかなり安い金利を使うことができるので、この場合は審査は厳しいと言えます。相応の年収や信用など、しっかりと審査で返済能力が認められないと、簡単に大きな限度額をもつことはできませんし、低金利を採用される場合も同様です。しかし、逆のケースとして小さな金額を銀行で借りる場合は審査が甘いと言えます。この場合、合格しやすいと言われている他の系列の会社よりも断然に合格できる可能性が高くなるので覚えておくと良いです。

どうして小口の申し込みは合格しやすいのかと言いますと、銀行は小口融資を提供する場合に申込者に対して収入証明を求めないことがあるからです。収入証明なしで申し込みをすることができるので、審査においても収入が大きく考慮されることはありません。総量規制がかかってくる消費者金融などでは小口融資でも収入証明の提示を求められることが非常に多いですが、その点に違いがあり銀行なら合格しやすいというのが真相です。

また、ちょっとした裏ワザ的な情報としても、多くの人はどこかの会社で預金口座を持っていると思いますが、自分がすでに口座を開設していたり、その会社で口座と同時にクレジットカードを持っている場合など、長年金融事故がなく信頼を大きく得ることができている状態ならさらに審査は合格しやすくなります。もちろん、この場合でも限度額を高額希望すれば審査は厳しくなりますが、限度額が小口なら無職でも簡単に合格できることが多いので、覚えておくと便利です。

このように銀行というのは意外にもカードローンを利用しやすい会社であり、上記のように収入証明を出さずに申し込める場合についてはかなり高い確率で合格できるので、一度申し込みにチャレンジしてみると良いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンの在籍確認なしって本当?超オススメ会社はココ! All Rights Reserved.